読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで見つけた気になる商品

ネットで見つけた気になる商品やサービスの記事を書いています

プリン体、尿酸、痛い痛風が気になる方へ朗報!

f:id:info8107:20161218151753p:plain

そのままにしていませんか?

・お酒を飲む量が多い
・寝起きが悪い
・疲れやすい
・食生活を改善したい
・やる気が出ない
・日常ストレスを溜め込みがち

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
  サプリメント業界で熱く!注目されている
 『海洋性アンセリン』を主成分としたサプリメント!!
*…*…☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

☆☆☆┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓☆☆☆
◆◆◆┃ 今だけ2大キャンペーン実施中!最大9,800円OFF  ┃◆◆◆
☆☆☆┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛☆☆☆

アンセリンの一日の推奨量500mgを簡単に摂取できるのは『慈凰』です。

毎日手軽にとれるサプリメントです。

2箱ご購入すると1箱無料のお得なセットご購入はこちら

 

~~~お客様のお声~~~
49歳:男性
『飲み始めて1週間位から体調が変化してくる感じがはっきりわかります。
 目覚めも良く、活力もわく感じがして思った以上!正直驚いています。
 奨められてはじめた私でしたが、今では奨める側です』

52歳:男性
『健康診断の結果に大満足です。お酒も気にせず飲めるようになったのが、
なにより嬉しいです。』

※ お客様のお声をそのまま掲載させていただいております。
  効果には個人差がございます。

 

~~~アンセリン~~~
イミダゾールジペプチドイミダペプチド)の主成分アンセリンは近年、急激に研究が進められている成分です。
研究の中では、以下の項目が実証されています。

 ・抗疲労効果
 ・活性酸素消去能
 ・血糖値上昇の制御
 ・抗炎症作用
 ・尿酸値降下作用

中でも、マグロ・カツオ由来のアンセリンに尿酸値降下作用のあることを突き止めたことは、最近の研究成果の一つです。
これまでの機能性食品には見られなかった効果だけに、各方面の注目度が高いのです。

 

f:id:info8107:20161218153220j:plainf:id:info8107:20161218153323j:plain

 

 

【尿酸値降下作用】
アンセリンは尿酸の産生を抑制するヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼと、尿酸の排泄を促進する乳酸脱水素酵素という、2つの酵素の発現量が増えていることが示唆されました。
つまり、尿酸が作られすぎることを抑え、作られすぎてしまった尿酸の体外への排泄を促進し、尿酸値を下げる働きをします。
あるラットを用いた研究では、尿酸値降下剤のアロプリノールよりもアンセリンのほうが尿酸値を下げ、その下がり方がアロプリノールよりも緩やかであるという結果を得ました。
尿酸値は急激に下げるのは危険とされていることから、アンセリンの作用の仕方は、痛風には最適といえるのかもしれません。

 

【疲労回復や疲労の予防】
疲労の原因の一つである活性酸素を除去し、酸化ストレス状態を抑えることができれば疲労は軽減されます。
そこで着目されたのが「抗酸化物質」。抗酸化物質は、活性酸素を除去し、細胞を活性酸素から守り、疲労を軽減します。
中でも現在有望視されているのが、回遊魚などの長時間連続した運動を必要とする動物の骨格筋中に多く含まれるアンセリンと呼ばれるイミダゾールジペプチドです。
人は激しい運動をすると疲労物質や尿酸がたまりますが、それは魚も同じです。
しかし、回遊魚の骨格筋中にあるアンセリンのおかげで、魚は泳ぎ続けることができるのです。つまり、アンセリンは「疲れにくくなる」成分といえます。

 

【血糖値上昇の制御、アルコールケア】
アンセリンを食事前に摂取すると、血糖値のピーク値が有意に抑制されたという研究結果がでています。
また、飲酒前に摂取することで、血中アルコール濃度の低下が早まり、二日酔い軽減効果も確認されています。

気になる生活習慣のサポートをしたい!の気持ちから生まれた『慈凰』には、

海洋性アンセリン以外にも

~~~シークワーサーフラボノイド~~~

1. 高尿酸血症の予防および改善作用
キサンチンオキシダーゼ(XO)阻害活性が尿酸の産生を抑制します。

2. ダイエット&メタボの予防
基礎代謝の活性化・脂質代謝改善・抗動脈硬化・血圧の上昇を抑える・血糖値が上がるのを防ぐ・アディポネクチン分泌促進(動脈硬化を予防)などのはたらき。

~~~菊花ポリフェノール~~~

1. 尿酸産生抑制・排泄作用
尿酸値が高い人には「人より尿酸を生産してしまうタイプ」と「尿酸の排泄ができにくいタイプ」の2タイプに分かれることが多いですが、菊花に含まれているポリフェノールには、体内で作られる尿酸の量を減らし、体外へ排泄される尿酸の量を増やすという2つの作用があるといわれています。
この作用により、どちらのタイプにも効果が発揮され、尿酸の体内でのバランスを整えるということが明らかになっています。

2. 睡眠改善作用
日本では5人に一人が不眠症に悩んでいるといわれています。
特に現代社会はストレス社会といわれ、様々なストレスによる不眠症は多いそうです。
菊の花は、昔から民間薬として不眠症の治療に利用してきました。中国では、菊花を枕の中に入れて、睡眠改善の利用法があります。

他にも
グルコサミン塩酸塩』(関節痛・関節炎予防)
『赤ワインエキス末』(長生きポリフェノール)など、など。

お試しされてはいかがでしょう。