読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで見つけた気になる商品

ネットで見つけた気になる商品やサービスの記事を書いています

馬油スカルプシャンプーで薄毛・育毛対策!

いつの間にかフサフサしていた髪の毛はどこに?

 

最近はハゲを売り物に自虐ネタでブームの彼も本当は悩んでいるはずですよね。

そう、あの「斎藤さんだぞ!」のトレンディエンジェルの斎藤さんも昔はイケメンで随分髪の毛もあったようです。

いつ頃かは判りませんが、どうやら自らジャニーズに応募した時の写真です。

         f:id:info8107:20161219150115j:plain   

       f:id:info8107:20161219150446j:plain            

今ではすっかりその様子は変わって少しお茶目な感じですね。

ちょっと薄毛(ハゲ)について調べてみました。

 

薄毛(ハゲ)の原因

1.男性ホルモンの影響

AGAの最大の原因は男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の過剰分泌です。

分泌量は遺伝や体質によって大きく左右され、発生したDHTが毛根にある受容体に結合すると、毛母細胞の活動が大幅に低下してしまいます。

また遺伝や体質等の先天的な理由とは別に喫煙や睡眠不足、アルコールの過剰摂取等の生活習慣の乱れやストレス等もホルモンバランスを乱す原因となります。

2.ヘアサイクルの乱れ

髪は「成長期→退行期→休止期」という3つの周期を繰り返して成長していきます。

通常は成長期が最も長く、髪が抜けてもすぐに新しい毛が生えてくるのですが、

余分な皮脂の分泌により毛穴がつまって炎症等を起こすと休止期が長くなり、新しい毛が生えにくくなります。

皮脂の分泌が多くなる肉類や乳製品の摂取を控えめにし、シャンプーの際には洗い残しやすすぎ残しがないよう正しいヘアケアを行いましょうね。

初回半額で購入はこちら。製薬会社開発のシャンプーです。

 

薄毛(ハゲ)になりやすい人

1.ヘアカラー、パーマをしている人や長髪の人
カラーリングは、キューティクルをこじ開けて髪の内部にカラー剤を入れるものです。 髪が傷みやすいというイメージ通り、1回のカラーリングでキューティクルを保護している脂質成分の80%が失われると言われています。

パーマに使われる薬剤も同様です。

カラーやパーマの薬剤が頭皮に付着すると、抜け毛を増やす原因になります。

また髪を長く伸ばしている長髪の人も若ハゲに要注意です。

髪が長いと、通気性が悪くなり頭皮が蒸れやすい状態になります。 すると雑菌などが繁殖しやすく、頭皮トラブルに繋がってしまいます。

2.パソコンやスマホを過剰に使用している人
パソコンやスマホの長時間使用で、同じ体勢でいることにより、肩こりになりやすく、血行不良に繋がります。

また目を酷使することにより、眼精疲労が募り、髪の生成に必要だった栄養素が消費されてしまい、健康な髪を作れなくなってしまいます。

またパソコンやスマホの過度の使用は、脳が覚醒状態になってしまうため、睡眠も浅い状態に陥りやすくなります。

健康な髪を作る成長ホルモンは、睡眠時に多く分泌されるので、良質な睡眠を取れないことは、薄毛の原因になってしまうのです。

3.刺激物や飲酒を好む人
刺激物でもある辛いものは、血行を促進したり、育毛に必要な成長因子を増やしたりしますが、摂り過ぎはいけません。

刺激物を摂り過ぎることによって、汗や皮脂の分泌を活発にしてしまうので、毛穴が詰まりやすくなったり、細菌が繁殖して、頭皮のトラブルに繋がりやすくなります。

また飲酒も過度になると、髪への影響があるかもしれません。

アルコールの分解には、血中の酸素や栄養素、特に毛髪を構成するシステイン(シスチン)という物質を多く消費し、頭髪に栄養素が行き渡りにくくなってしまいます。

そしてアルコールが分解されると、アセトアルデヒドという毒素に変わり、様々な器官に負担をかけるのです。


薄毛(ハゲ)の対策方法

1.正しいヘアケアをする
髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えるために、日頃からヘアケアに気を遣いましょう。

特に、シャンプー時は、自然な状態でも抜け毛が起こりやすくなります。 正しい方法でシャンプーを行うことが重要です。

シャンプーをつける前に、しっかりお湯で髪や頭皮の汚れを落とす、泡立てて頭皮を洗う際に爪などで傷つけないようにする、シャンプー成分が頭皮に残らないように、しっかりと洗い流すなどのポイントを押さえて、ダメージの少ないシャンプー方法を行いましょう。

髪に優しいシャンプーを使用するのもおすすめです。

馬油スカルプシャンプーで薄毛・育毛対策!

2.食生活を見直す
髪は、生命に直接関係するものではないので、栄養素が行き渡る優先度が低くなっています。 そのため、偏ったバランスの食生活では、髪までしっかり栄養素が届きません。

バランスのよい食生活を送ることは、頭髪にも、もちろん体の健康にも良いことです。 健康な髪のためには、特にタンパク質やミネラルを重視しましょう。

全てを食事で摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどを利用してもいいでしょう。

またアルコールやたばこも過度な摂取には注意しましょう。

3.ストレスをためない生活をする
人間はストレスを感じると、身体が緊張し、血管が収縮してしまい、血行不良に陥りやすくなります。

血行不良になると、髪や頭皮へ必要な栄養素などが行き渡りにくくなります。 ストレスをためない生活を心がけることが大切です。

また、睡眠不足も髪に影響を及ぼします。 髪の成長に必要な成長ホルモンは、睡眠時、特に副交感神経が活発になる午後10時~午前2時に大量に分泌されるので、遅くとも日付が変わる前に就寝するように心がけましょう。

4.育毛剤を使う
育毛剤を使用する場合は、上記までの対策方法と平行して行うと効果を実感しやすいでしょう。

育毛剤は、即効性のあるものではないので、使い始めてすぐに効果を実感できるものではないことを理解しましょう。 毎日しっかりケアを継続することで、徐々に効果を得られるものです。

若ハゲの原因のひとつに、男性ホルモンの影響があります。 若ハゲ対策には、薄毛の原因となるDHTを作る酵素、5aリダクターゼの働きを抑制する効果のある育毛剤を選ぶのがおすすめです。

 

f:id:info8107:20161219151819p:plain

馬油スカルプシャンプー【リマースカルプシャンプー】は

f:id:info8107:20161219152315p:plain

アミノ酸系洗浄剤はふんわりとした柔らかな泡質で、頭皮や毛髪をやさしく洗うことができます。
汚れと余分な皮脂は洗い流しますが、洗浄力がやさしいため、皮脂を根こそぎ落とさない適度な洗浄力をもたらしています。 皮脂を落としすぎないことで「過剰に皮脂が出過ぎる」といったトラブル(悪循環)を防ぐことも期待できます。

f:id:info8107:20161219152457p:plain

馬油には不飽和脂肪酸が多く含まれています。この不飽和脂肪酸とは、カラダになくてはならない必須脂肪酸といわれる脂肪です。これが不足すると、成長が止まったり皮膚障害を起こす恐れがあり、頭皮環境においては薄毛・抜毛の原因になるとも言われています。しかしカラダでは生成されないので、外部から摂り入れるしかありません。
この成分の特徴として優れた浸透力があり、この浸透力によって栄養が頭皮へいきわたり、健やかな頭皮になります。

f:id:info8107:20161219152545p:plain

世の中には硫酸系洗浄剤などの洗浄力の強いシャンプーが見受けられますが、水の硬さを選ばず泡立ち・洗浄力を発揮します。しかも安価であることから一般的な洗浄剤に用いられます。しかし脱脂力が強く、タンパク質を編成させる皮膚刺激のデメリットがあるのです。
近年は"スルホン酸塩"が使用されることがありますが、これは硫酸塩よりも少し刺激が弱いだけで、皮膚刺激のデメリットがあります。

これを補うがためにシリコンを配合して髪のキシキシ感を和らげているのですが、

髪の毛の表面にオイルでコーティングしているだけです。

シャンプーの成分を一度確かめてみてはいかがでしょうか?

馬油配合のスカルプシャンプーで薄毛、育毛対策は万全ですね。

お試ししてはいかがですか?